初心者の不動産投資第一歩

初心者の不動産投資 第一歩

以前より格安新築住宅「半額で家を建てる」をお伝えしてきましたが、
このコーナーでは不動産投資(アパート経営)について述べていきます。

535x356.jpg

不動産投資とは、利益を得ることを目的として、第三者に住ませて
毎月賃料という利益を受け取る事です。これを「賃料収入」
と言います。また、賃料収入とは別に投資した不動産を購入した
金額以上で第三者に売却し買値と売値の差額で儲ける「値上がり益」
もあります。

不動産投資は“ローリスク・ミドルリターン”です。短期間で大
きく儲けるわけではなく、長期間で収益を積み重ねていくという考え
方が一般的です。途中で規模を拡大し、所有する物件を増やすことで
利益も増大します。

不動産投資は「出口戦略」「節税」を考慮しなければ成功する可能性
が低くなります。

出口戦略を考慮しての不動産投資をするのであれば、アパートの
「一棟物件」に投資するのが得策といえます。なぜなら、「一棟物件」
の場合、土地建物をそのまま売却する、リノベーション等を施工して
売却する、土地として売却する、といったように、出口戦略の
バリエーションが豊富になります。

節税の考慮としては所得税対策なら減価償却が多いものを、相続税対策
なら物件の評価減を重視する。これらを組み合わせると、所得税や相続
税の対策が可能となります。


この記事へのコメント