利回りについて

"利回りについて"


投資物件を購入していくら収益が上がるかは、利回りに左右されます。

確かに、投資物件検索及び購入を決める時にも、利回りが判断基準

の一つになります。しかし、この利回りの数字が高ければ高い程、

良い投資物件とは限りません。


利回りとは、簡単に言うと投資したお金に対し、リターンしたお金

の割合のことを言います。


不動産投資における利回りは、物件価格に対して1年でどれほどの利益

が得られるかを見極める指標です。


不動産投資では、利回りの概念が2種類あります。表面利回り(グロス利回り)

と実質利回り(NET利回り)です。


計算式で表すと

表面利回りは「表面利回り=年間収入÷購入価格×100」

実質利回りは「実質利回り=(年間収入-年間支出)÷購入価格×100」

のようになります。

【シュミレーション】アドレス 

シュミレーション.jpg


実質利回りでの年間支出とは毎年実際かかった経費を差し引いて計算します。

具体的には

建物管理費・修繕積立金

固定資産税・都市計画税

賃貸管理会社管理費・火災保険料

等のランニングコストがかかります。


そこで、どのくらいの利回りが必要なのかといえば世間一般では10%以上

の表面利回りがあればまず安心と言われています。

しかし、表面利回りが高くてもランニングコストも高ければ、実質利回りは低く

なってしまいます。

空室リスクやランニングコスト、将来の不動産相場なども折り込んだ「実質利回り」

が高くないと優良な物件とはいえないのです。


ここで、格安優良物件を探すコツを2つ程

①売主が早急に資金が必要で売却を急いでいる。

 もし現金が用意できるなら尚good

②空室が目立つようになった物件をできるだけ早めに手放したがっている。

 リノベーションを施工して満室にgo


今回は不動産投資の利回りについて書いてきました。

少しでもお役に立てば幸いです。



この記事へのコメント