フラット35を使って購入

フラット35を使って購入する最適物件。
2016年 値下げしました。¥1980 万円→¥1880 万円
詳しくは↘ 画像クリック
フラット35で買う最適物件.jpg

【S適合証明付物件】により平成28年1月29日まで金利0.6%優遇

(当初5年間)年収250万円で2025万円まで借入れ可能

bb.jpg

住宅ローンというのは事業性のローンに比べて金利が非常に安いです。

住宅ローンは基本的には自分が住むための家を買うための資金を融資する
ものです。だから収益物件を購入することはできません。

しかし、自分が住むために家を購入したが事情があって人に貸すことになった
ということがあります。よくある例では自宅購入後に転勤が決まり、戻って
くるまで自宅を賃貸で貸すという事です。これなども自宅ではあるものの自宅
が賃貸収入を上げる収益物件になっているわけです。

住宅ローンで購入するということは手持ちの資金がほとんどなくても物件を購入
できます。

しかし、事業性ローンで物件を購入しようとすると頭金もなく大家の経験もない人
に対して、銀行は融資をしてくれません。
かりに、あなたが諸費用とは別に3分の1程度の頭金を用意できれば話は別ですが

借り入れ期間に関しても、新築だったとしても通常20年程度中古であればおおむね
10年の返済年数となります。その様ななか手持ち金0円で返済年数を最大35年
に組むことができるのは大変有利です。

また、住宅ローンの場合、収益物件と違って融資の基準が非常に甘いです。
そのため、住宅ローンで物件を購入する場合は事業ローンと違い非常に簡単に融資
を受ける事ができるのが特徴です。

そして、住宅ローンの中でもフラット35は住宅ローン返済中に自宅を賃貸に出して
も全く問題がありません。

失業、病気等の家庭の事情で住宅ローンの返済が難しくなることは誰にでもあり得ます。

そして返済が厳しくなったとして自宅を賃貸に出せばローンを支払う事が可能になる
事例もたくさんあります。

しかし、以前はローンの返済が苦しくなり、ローンを払うために自宅を黙って賃貸に
出したところ、悪質だとして全額返済を求められたり、金利の高い事業ローンに組み替
えを強要され結果として自己破産させられる様なことが多発したため(金融機関による
貸し剥がし等の行為)。

平成21年に中小企業金融円滑化法(中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための
臨時措置に関する法律 )が国会に提出され、同年施行しそのような行為を禁止したのです。

以上の経緯から住宅支援機構は同法に基づく無条件に転居を認めることを継続する事
となりました。

フラット35を使って購入していれば、様々な事情で自宅を賃貸に出さざるをえなくなった
時でも、事情の種類を問わず、ただ住所変更届を提出するだけで自宅を賃貸に出せると
いうことです。

金融円滑化.jpg

将来降りかかってくるかもしれない様々なリスクに備えて、35年間金利が変わらない、
フラット35を使って購入するをお勧めします。