一国一城の主

【一国一城の主】
城.jpg
賃貸併用住宅は利回りは低いです。

不動産投資をガンガンやっていきたいと思っている人には賃貸併用住宅
は向きません。しかし、自宅を購入したいと思っている人には非常に良
い選択肢です。

実際のところ普通のアパート経営よりも遥かに利回りが低い
しかも、自分が居住するためのマイホームよりも建築面積が大きい分
割高になります。
割高になる最も大きな要因は水周りが倍に増えるという事です。
でもその分資産価値も比例して増えます。

不動産投資に興味を持って本を読んだりインターネットで勉強した人は
マイホームを購入することで将来においてマイホームを持つと与信も含め
経済的にかなり厳しくなることを理解できるようになります。
今はマイホームより投資物件アパートなどを買って将来に備えたいと考えます。

しかし、自分がマイホームやマンションにそこまでこだわりがなくても、
奥さんや子供が「○○さんは今度の日曜日に新築を建ててお引越しらしいわよ」
「○○君のお父さん先日マンションを買ったと言っていたよ」そんな話題
の中、二人で少しずつ苦労して貯めたお金を「不動産投資アパートを購入したい」
と奥さんに相談しても、奥さんとしては自分たちは今まで通り狭いアパートに
住み続け投資物件を購入するなど受け入れがたい事だと思います。

繰り返しになりますが、普通の投資アパートに比べれば、自分が住んでしまう
部分が半分あるので、利回りが低いのは当然です。
では、なぜ賃貸併用住宅という選択肢を選ぶのか?
それは、自分の家が欲しいからです。

『一国一城の主』は一般的な人の夢というか目標ですよね。
そこで、いかに経済的な問題を少しでも軽くするためにと考えだされたのが
賃貸併用住宅という妥協の産物です。

妥協の産物それは自宅とアパートの良いとこどりの賃貸併用住宅です。
低金利住宅ローンでローンを組んで家賃をローンに充てられるので実際の
支払い負担額は半額近くになります。ここが『半額で家を建てる』の核心です。

結果、
利回りは低いですが、マイホームを建てて『一国一城の主』になっても
経済的負担が非常に軽くなります。

如何でしたでしょうか?

詳しくは⤵